不眠症の原因や不眠症になってしまう人によく見られる特徴は?

男性の不眠症の原因とは?

男性の不眠症の原因とは?

男性の不眠症の原因は仕事のストレスです。仕事で大きな失敗をしてしまった日は寝つきが悪くなります。社会人男性のライフスタイルの多くを占めるのがお仕事です。

仕事で上司に叱責されたり、クライアントから不当なクレームをつけられたなど、こういったストレスを受けるとその日の晩は寝つきが悪くなります。

ストレスを解消しようと寝酒をする人もいますが、不眠症のリスクをかえって増大させてしまいます。

他に運動不足もまた男性の不眠症の原因になります。社会人になりますとデスクワークに従事する毎日になり運動不足が慢性化します。

体が疲れていないと、いくら頭や精神が疲労困憊でも人はなかなか睡眠に至りません。肉体労働が減ってきた今、多くの男性が運動不足の悪影響を受けています。

女性の不眠症の原因とは?

女性の不眠症の原因とは?

女性が不眠症になる原因はいくつか考えられますが、ストレスが溜まっていたり、冷え性やホルモンバランスの乱れなどが考えられます。

ホルモンの分泌は40代になると低下してイライラしたり、生理の周期が乱れたり、体への負担を感じるようになります。

特に更年期障害の症状が現れる40代や50代に多くみられますが、妊娠や出産などでもホルモンバランスは乱れ、不眠症になりやすいと言われています。

ホルモンバランスが乱れるとイライラして精神的にも不安定になりがちです。また、自律神経の乱れも体のリズムを壊し、不眠症になる原因でもあります。

ですから、生活環境の中でストレスを軽減する事、冷え性に気をつける、規則正しい生活や食生活を続ける事が大切です。

生まれつき不眠症になる?

生まれつき不眠症になる?

不眠症になる原因は先天的と後天的が有り先天的の場合には遺伝等により生まれつきの場合で、後天的の場合はストレス等による神経過敏による場合です。

先天的の場合にはFabp7と言う遺伝子に変異(普通と違う)が有る場合に不眠症になる場合があると言う趣旨の論文を滋賀医科大学特任教授が発表しています。

Fabp7に変異が有ると、脳でDHAを取り込んだり輸送したりする動きが普通に人よりスムーズに行かないので不眠症に繋がります。

英オックスフォード大学が2014年に研究発表で子供の睡眠について「DHAの血中濃度を高く保とうとする事は子どもの睡眠を改善するかもしれない」

この様に指摘している事から、睡眠とDHAは関係していて、生まれつき遺伝でFabp7と言う遺伝子に変異が有る人は先天的に不眠症になる場合が有ります。