異性に本当にモテたいなら、毎日の夜更かしをやめるべき?

夜更かしすると集中力が低下するのは何故?

夜更かしすると集中力が低下するのは何故?

夜更かしをすると翌日の集中力が低下するのは何故かと言えば、まず第一に睡眠時間が減った事で当日の疲労が抜けにくくなるためです。

睡眠時間はある種のメンテナンスであり、夜更かしすると当日の仕事の疲労や精神的なストレスが就寝によって回復せず、翌日まで持ち越されてしまいます。当然前日の疲労感が残っていると人は注意散漫になります。

元々勤勉で細かい部分まで気が付く人々でも前日に夜更かしをすれば書類の誤字脱字が増えます。数字の書き間違えやちょっとした連絡ミスなどを頻発させます。

また睡眠時間が減ると、集中力の源泉となるリラックス系の脳内ホルモンの分泌が減ります。

睡眠時間を削り仕事をすれば短期的には成果が上がりますが、翌日に大きな反動が出てしまい、疲労感が倍増するため、夜更かしはあまり効率的な方法ではありません。

夜更かしすると体調不良になるのは何故?

夜更かしすると体調不良になるのは何故?

忙しい世の中では、なかなか思うように睡眠が取れずにいつも睡眠不足で体調が良くないという人はたくさんいます。では、何故夜更かしをすると体調不良になってしまうのでしょうか。

ひとつには主に眠っている間に分泌される成長ホルモンの分泌が減少することによって肌荒れが起こります。それだけではなく、十分な睡眠が取れないためしっかりと疲れが取れず、翌日の仕事や学習に影響します。

そしてそのことが元でストレスが溜まり、酷くなるとうつ病などになってしまう可能性もあります。

また、夜更かしをすることで睡眠不足になり、免疫力が落ちてしまいます。免疫力が低下すると風邪をはじめとする病気にかかりやすくなってしまうので、体調不良に陥ってしまいます。

十分な睡眠はある意味では薬を飲むよりも大切であるということを覚えておきましょう。

夜更かしすると肌荒れになるのは何故?

夜更かしすると肌荒れになるのは何故?

美容のためには睡眠も重要とよく言われますが、それにはきちんとメカニズムが有ります。まず夜更かしをすると何故肌荒れするかということから入ると、新陳代謝が悪くなるということも一つの原因になります。

寝ている時に成長ホルモンが増えますが、睡眠時間が短かったり夜更かしをすることによってこのホルモンの出が悪くなってしまうのです。

それによってターンオーバーなどの働きも弱まってしまい、古い角質や老廃物などがたまってしまい、肌荒れをしてしまうということも起こります。

睡眠をとる事というのは、健康面でももちろん重要なのですが、美容のためにもかかわってくる事です。身体を休めるというだけではなく、身体の機能をアップさせるためにも十分な睡眠が必要です。